« 海老ときのこの昆布茶パスタと「お弁当」 | トップページ | 使えなかったレシピ(パート5) »

牡蠣のきのこのバタポン焼きと副菜一品

Blog_6
調理時間 15分  (2人前)

子ども評価 ★(牡蠣や!好きじゃないしポン酢も・・)

嫁さん評価 ★★★★★(私は好きやわ、ポン酢とバターって
                 あうんやねってバタポンって
                 面白いレシピ名やね・笑)


本日は、これからどんどん美味しい季節になる
牡蠣ときのこをバターポン酢味で焼きました

バター醤油でも美味しいのですが、牡蠣には
ポン酢の方があいますよ~

【材料】

牡蠣・・・                 10粒
シメジ・・・                1/2株
エリンギ・・・               1本
ベーコン(ブロック)・・・         2cm分
ほうれん草・・・              1株
塩、胡椒・・・               少々
酒・・・                  大さじ2
バター・・・                大さじ2
ポン酢・・・                大さじ2

【作り方】

1.牡蠣は水でさっと洗ってキッチンペーパーで
  水分を拭き取ります

2.ベーコンは5mm角の2cm長さにほうれん草は
  茹でて3cm長さに切ります

3.きのこは食べやすいサイズに切ります

4.熱したフライパンにバターを大さじ1分を溶かして
  牡蠣を炒めます
  牡蠣から少し水分が出てきたら酒をふりかけ
  さっと炒めて別皿に取ります

5.同じフライパンできのことほうれん草、ベーコン
  を炒め塩、胡椒をしきのこが少ししんなりしたら
  牡蠣を戻し入れて残りのバターを加えます

6.塩、胡椒をしポン酢をまわしかけて出来上がりです

*牡蠣を最初に炒めて出た旨味をきのこに
  含ませましょう(^^)v

「こんな副菜はどうですか~」
Blog_7
シンプルニラもやし炒め

ニラともやしを中華味で炒めて卵で和え炒めに
しました
シンプルな味ですが食卓にあるとつい箸がのびて
しまいますよ

【材料】・【作り方】

1.ニラ(3株)は4㎝長さに切ります
  もやし(1/2袋)はさっと水洗いします
  卵(2個)は溶きほぐします

2.熱したフライパンにサラダ油を入れてニンニクの
  みじん切り(1片分)を弱火で炒めます
  ニンニクの香りがしてきたらニラともやしを
  強火で炒めます

3.鶏がらスープの素(小さじ1)、塩、胡椒(少々)を
  加えます
  醤油(大さじ1)をまわしかけざっくり混ぜあわせたら
  卵を流し入れて少し半熟が残る程度まで炒めたら
  出来上がりです

私の元気の素です いつも、ありがとう!!
Bloglogo_2ブログランキング
ポチッと応援お願いしますm(__)m
  

←こちらも、よろしくですm(__)m

まったく、趣味のブログです(汗)
「photo recipes」写真しか載ってませんが(笑)


|

« 海老ときのこの昆布茶パスタと「お弁当」 | トップページ | 使えなかったレシピ(パート5) »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

★hotakaさんへ
こんばんは~
竜田揚げですよね~(笑)
大きい粒見つけた時に絶対にしますよ
甘酢にキャベツ、いいですね
私はそこにマヨネーズをかけますが・・・
蛇道ですかね???
でも、妙に美味しいんですけどね

投稿: かめきち | 2008/11/01 23:54

Kamekiti Papa 様、こんばんは^^

 バタポン!とは、軽いけど,率直でなかなかよろしいようで・・・。
牡蠣は!シーズンが来ましたね^^
竜田揚げができますねー^^

そうそう、今夜はまた、鶏の唐揚げ甘酢かけを作りました。
添えたキャベツの千切りに甘酢が合います^^
実はかみさんが「この間の甘酢をドレッシングにして・・・」と、言い出したので
唐揚げを付けたのです。
逆ですよね(爆)
でもこれがあうんですよね^^
この甘酢があると、キャベツの千切りが余らないのです^^
感謝!ですね^^

投稿: hotaka | 2008/11/01 19:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5275/42962845

この記事へのトラックバック一覧です: 牡蠣のきのこのバタポン焼きと副菜一品:

« 海老ときのこの昆布茶パスタと「お弁当」 | トップページ | 使えなかったレシピ(パート5) »