« 洋風おにぎり | トップページ | 鰻とパプリカの炒めもの »

いわしの梅煮

Blog_16
調理時間 30分  (4人前)

子ども評価 ★★★ (味は好きやねんけど・・・
                   食べにくいようなぁ)

嫁さん評価 ★★★★★ (確かに言えるけど小骨は
                そのまま食べれるし美味しいね)

やっぱり、娘、嫁さんは「食べにくい」と
言いました(笑)

いわしを生姜風味で煮ました
中に梅干しを入れて酸味を少し加えました

さっぱりといただけますよ~
(娘、嫁さん以外は・爆)

【材料】

いわし(小さめ)・・・           8尾
生姜・・・                  1片
梅干し・・・                 2個
煮汁
水・・・                   50cc
酒・・・                   50cc
醤油・・・                 大さじ1
みりん・・・                大さじ1
砂糖・・・                 小さじ1

【作り方】

1.いわしは内臓とウロコを取ったものを買いましょう
  もし内臓があれば包丁でお腹の部分を切り
  内臓を取り出してきれいに水洗いしてくださいね

2.生姜は薄切りにします

3.鍋に煮汁の材料を入れてひと煮立ちしたら
  いわしと生姜、梅干しを入れます

4.落とし蓋をして弱火で20分ほど煮ます
  煮汁が少し残る程度になっていれば
  O.Kです

5.そのまま、冷まして器に盛って出来上がりです

*梅干しも当然食べれますよ~

banner_04ランキングへ

「こんな副菜はどうですか~」
Blog_17
「ニラの豚肉巻き」

今日はメインと副菜が逆転している感じですが
あまった野菜としゃぶしゃぶ用豚肉で簡単に作ったものですので・・・

答えになってないですが(汗)
たまには、こんなん日も

【材料】・【作り方】

1.しゃぶしゃぶ用豚肉(100g)は広げて軽く塩・胡椒をします

2.ニラ(1/3束)は10cm長さに切ります

3.豚肉の上にニラを適量置いて端から巻きます
  巻き終わりを下にしてサラダ油を薄く塗った
  フライパンで転がしながら焼きます

4.豚肉が焼けたら砂糖(小さじ1)、醤油(大さじ1)を
  お酒(大さじ1)をふりかけて汁気がなくなれば
  取り出し少し冷ましてから食べやすい大きさに切って
  器に盛って出来上がりです

Blogkamekichipapa2h12_2

発売日7月7日まで
あと「7日」となりました~(ドキドキ)

皆さんよかったら
本屋さんで
みてくださいね~
買っていただけると
さらに嬉しいです






私の元気の素です~いつもありがとう!!
banner_04ブログランキング
ポチッと応援お願いしますm(__)m
 

|

« 洋風おにぎり | トップページ | 鰻とパプリカの炒めもの »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

★ゆんさんへ
こんばんは~
そうですよね~
鰯の梅煮、好きなんですね
魚の美味しい店、行きたいですね~
あまり知りませんが(汗)

投稿: かめきち | 2008/06/30 22:43

こんにちは~
大きな声では言えませんが、いわしの梅煮好きですよ~
背の青い魚は梅とよく合いますよね♪♪

投稿: ゆん | 2008/06/30 15:35

★くみです^^ さんへ
こんにちは~
そんなに、感激されると嬉しいような
恥ずかしいようなです(笑)
人生、いいことも悪いこともありますので
めげずに頑張ってくださいね
私の料理がお役にたてればいいのですがね(笑)

投稿: かめきち | 2008/06/30 15:28

おはようございます~♪
パパさんわざわざ昔のコメント探して下さったのですね~。大変お忙しくされておられるのに、申し訳ございませんでした。
去年、7月6日にご本を発売されてちょうど1冊残っていたのを購入させてもらいその時はじめてコメントさせて頂いたのです。
最近、落ち込む事が続いておりましたが、今日は、パパさんのあったかいハートに感激してしまい涙が出てきました。
どうも有難うございました。

投稿: くみです^^ | 2008/06/30 11:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5275/41663209

この記事へのトラックバック一覧です: いわしの梅煮:

« 洋風おにぎり | トップページ | 鰻とパプリカの炒めもの »