« 豚ロース肉のチーズ焼き(他一品) | トップページ | 水菜とじゃこの焼きそば »

春雨と鶏肉の中華煮込み

Blog
調理時間 30分  (2人前)

子ども評価 ★ (辛い~・・・)

嫁さん評価 ★★★★ (この、辛さがいいわね~
               中華には鶏肉って定番?)

本日は、鶏ささみ肉と春雨を軽く煮込みました

豆板醤で辛味をつけて中華風でいただきます

【材料】

鶏ささみ肉・・・              200g
春雨・・・                  100g
インゲン・・・                4本
椎茸・・・                  2枚
人参・・・                  2cm分
豆板醤・・・                 小匙1
鶏ガラスープ・・・             300cc
醤油・・・                 大匙1.5
酒・・・                   大匙1
ニンニク・生姜・・・            各1片

【作り方】

1.春雨はぬるま湯でもどしておきます

2.人参は短冊切りにインゲンは筋を取り斜めに
  切ります
  椎茸は薄くスライスします

3.生姜、ニンニクはみじん切にします

4.熱したフライパンにサラダ油を入れて大匙1の
  サラダ油とニンニク、生姜、豆板醤を入れて
  中火で炒めます

5.ニンニクの香りがしてきたら人参、椎茸、ささみ肉を
  さっと炒めます

6.鶏がらスープを加えてひと煮立ちしたらインゲン
  春雨、酒、醤油を加え中火で5分ほど
  煮込んだら出来上がりです

*春雨は太めのものがこの料理には向いてると
  思いますよ~

「ハードロック・カフェ」は「続きを読む」から見てくださいね
その前に
banner_04ブログランキング
ポチッと応援お願いしますm(__)m
 

Blogp3012920


嫁さんが注文したのは「キーマカレー」です
これ以外にっていうか 相当私好みの味でしたよ

Blogp3012921

パンとピラフでこれまたボリュームがありました

Blogp3012918
子どもたちが注文したジュースです

可愛い容器でした

店員さんが「お持ち帰りします?」と聞いてくれたので
容器だけ持ち帰ることに
Blogp3012940

袋もなんかいい感じでした(笑)

また行きたいけど・・ちょっと値段が・・・ね(笑)

banner_04ブログランキング
ポチッと応援お願いしますm(__)m
 

|

« 豚ロース肉のチーズ焼き(他一品) | トップページ | 水菜とじゃこの焼きそば »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

★kasumiさんへ
こんばんは~
胸肉、OKですよ
できたら。皮の部分は使わない方が
いいと思いますが身だけ使ってください
キーマカレー旨かったですよ
パンと食べるとなんか美味しかったです
私は180gのプレーンバーガーです
これまた、肉食ってる~って感じがして
美味しかったです
たまに食べたい味ですかね(値段が・・・)
外食、たまにはいいですよね
行ってください~ね

投稿: かめきち | 2008/04/08 17:48

★かほままさんへ
こんばんは~
太い春雨ありますよ
あんまり、売ってないかも(中国春雨)
USJ,とりあえず元はとりました(笑)
あとは、ゆっくりと周ります
これから、人も多くなるでしょね

投稿: かめきち | 2008/04/08 17:45

これって…鶏ささみじゃ~なきゃダメですかね?胸肉ならあるんだけど…
もちろんお酒の“あて”にもイイですね~♪

キーマカレーおいしそう(ヨダレが…)
奥様注文が上手い!?デスネ。。。
で…かめきちさんは何を…

長い事外食してないなぁ~
あ~外食したい‼‼

投稿: kasumi | 2008/04/08 15:51

これは、ビールが進みますね(笑)
春雨「太めのものを・・」とありますが、
太さがあるなんて初めて知りましたよ~。
何も考えずに選んでる(@_@)
ユニバ行かれてますね~。
我が家もパス購入してますが、なかなか
今年は、行けてませんわ。。。

投稿: かほまま | 2008/04/08 15:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5275/40801981

この記事へのトラックバック一覧です: 春雨と鶏肉の中華煮込み:

« 豚ロース肉のチーズ焼き(他一品) | トップページ | 水菜とじゃこの焼きそば »