« コロッケのライスグラタン | トップページ | 鰹のたたき(イタリアン風) »

豚トロ肉のバター醤油炒め

Photo_164
調理時間 10分  (2人前)

子ども評価 ★★★★★ (お肉、柔らかいし食べやすいよ
                  アスパラも食べよ~っと)

嫁さん評価 ★★★★ (味付けはいいわね、ちょっと私には
                 脂っぽい感じがするけど・・・)

書籍出版化企画中の記事はこちらです
よかったら協力してくださいね~

本日は、焼肉用の豚トロ肉をバター醤油味で

焼いてみました

お肉が柔らかくて、子どもたちには好評でした

嫁さんは、脂っぽい感じが気になったようですが

結構、食べてましたよ(笑)

【材料】

豚トロ肉(焼肉用)・・・       240g
グリーンアスパラ・・・        6本
ニンニク・・・              1片
塩、胡椒・・・             少々
バター・・・              大匙1
醤油・・・               大匙1
砂糖・・・               小匙1

【作り方】

1.豚トロは、軽く塩、胡椒をしておきます

2.アスパラは、4cm長さに切っておきます

3.ニンニクは、包丁の腹の部分で軽くつぶします

4.熱したフライパンに、豚トロ肉を入れて中火で
  炒めます
  脂分が出てきたら、ニンニクを加えて炒めます

5.アスパラを加えて、少し炒めたらバターを加えます

6.バターを全体に絡めるようにして炒めます
  醤油と砂糖を加えて手早く混ぜ合わせたら
  出来上がりです

*バターは、最後に入れて風味を残しましょう
  ニンニクの香りをもっと出したければみじん切りに
  してもいいですよ~

banner_04ブログランキング
ポチッと応援お願いしますm(__)m
 

|

« コロッケのライスグラタン | トップページ | 鰹のたたき(イタリアン風) »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメント、ありがとうございますm(__)m

★えさぶくろさんへ
応援、ありがとうございます~
豚トロ、最近 凝ってるんですよ(笑)
ヘタな牛肉を食べるよりも
子供達は喜んでます
頑張ります(^^)v

★ちいこさんへ
お久しぶりです
覚えてますよ~(^^)v
皆さんの、アドバイスを取り入れた本が作れるよう
頑張ります・・・どこまでできるのかわかりませんが
これからも、よろしくですm(__)m

★ぴよまめ。さんへ
食べてください~(笑)
って、そちらには無いんですかね???

★SIGMAさんへ
ありがとうございます
この、豚トロはアスパラ無しには食べるなぁ~って
言いたいです(笑)
合うんですよ~・・・アスパラが~

投稿: かめきち | 2007/04/12 00:20

柔らかくてジューシーな感じがとても伝わってきます。
アスパラがなんともいえません^^

投稿: SIGMA | 2007/04/11 17:03

これは美味しいですよね!
豚トロ、久しく食べてないです。食べてないからこそ、食べたくなって来ました!
美味しそう♪

投稿: ぴよまめ | 2007/04/11 15:56

以前もコメントさせていただきました。かめきちさんのレシピ参考にして作ったらアメリカ人の主人がこれおいしい!!って褒めてくれました。うれしかった!本が出版されたら母に送ってもらいます。夕食の献立の例とレシピが載ってたらうれしいです。私献立力ないから。あと野菜の保存方法とかストックすると便利なたれとか材料、冷蔵庫の中身とか(笑)お料理上手だからきっと段取りとか上手なんだろうな-って。勝手に想像してます!注文多くてごめんなさい。

投稿: ちいこ | 2007/04/11 15:15

はじめまして かめきちさん!!いつもコソット覗かせてもらってます。主夫をやってるの前からず~と知ってたけど、なかなか書き込み出来ませんでした。
ず~とコソコソ覗くだけにしょうと思ってましたが
この度は書籍を出すと聞きそれで・・・
私のお気に入りに入ってる人はたいてい「本」を出してます。頑張って下さい。
遅くなりましたが豚トロ&アスパラバター炒め
とても美味しいですよね~

投稿: えさぶくろ | 2007/04/11 14:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5275/14633143

この記事へのトラックバック一覧です: 豚トロ肉のバター醤油炒め:

« コロッケのライスグラタン | トップページ | 鰹のたたき(イタリアン風) »