« 切り干し大根とツナのサラダ | トップページ | 蓮根のきんぴら »

豚ヒレのソテー野菜ソース

butahire.jpg

今日のおすすめ料理は 柔らかい豚ヒレ肉をソテーして

旨味、たっぷりの野菜ソースをかけていただきます

本格的に見えますが簡単にできます

見栄えのする料理です

材料
豚ヒレ肉            300g
塩、胡椒            少々
バター、小麦粉        適量
パセリ(みじん切り)     適量

野菜ソース
白葱のみじん切り       大匙2
玉葱               1/2個
人参               1/3本
ブランデー            大匙3
ブイヨン             1/2カップ
生クリーム            50cc
塩、胡椒             少々
バター              大匙2

作り方
1.豚ヒレ肉は7~8mmの厚さに切り塩、胡椒を
  して小麦粉をまぶします
2.フライパンを火にかけてバターを溶かし
  ヒレ肉を両面きれいに焼きます
3.白葱はみじん切り、人参は5~6の角切り
  玉葱は7~8ミリの色紙切りします
4.フライパンを熱しサラダ油をよくなじませ
  バターを溶かし白葱、玉葱、下茹でした人参を
  入れて少し炒めてからブランデーを加えフランベします
  (火がボワ~とでるので気をつけましょう)
5.アルコール分を完全に飛ばしたのち
  ブイヨン、塩、故障、生クリームを加えて味を整えて
  野菜ソースの出来上がりです
6.できた野菜ソースに焼いたヘレ肉を加え2分ほど
  煮ます ここで味がちょうどいいと思ったら火を止め
  ます。 少し濃度が足りないなと思ったら肉だけ取り出し
  お皿に盛り残ったソースだけ少し煮詰めてから
  盛った肉にかけて 最後にパセリのみじん切りを
  散らして出来上がりです

*人参は下茹で面倒でしたらレンジでチーンでもいいですよ
*この料理は野菜ソースの味で決まります。作るときは
  鍋から離れないようにしましょう(笑)

たまには、ちょっと余所行きの味を作って見ませんか?
blogランキング、ポチッと応援お願いしますm(__)m

  

|

« 切り干し大根とツナのサラダ | トップページ | 蓮根のきんぴら »

「グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

はじめまして romy0930さん
豚ヘレは、色んな料理に使えそうで
案外、使いにくい食材かも??
脂肪分が少ないので、しっかりとした味付けのものがよさそうです
豚ヘレに薄く小麦粉をつけ卵を絡めて焼く
ピカタなんかも美味しく食べれます
私が、お酒が好きなのでご飯のおかずというより
お酒の肴っぽいのが、多いかも・・
また、寄ってくださいませm(__)m

投稿: かめきち | 2004/12/10 09:30

豚のヘレ肉が安く買えたので、ヘレカツにでもしようと思っていたのですが、ワンパターンやなと思い、ネットで何か良い調理法はないものかと探していたところ、「豚ヒレのソテー野菜ソース」を見つけました。でも、材料がそろっていなかったので、野菜をたまねぎと、タケノコと、モヤシに変えて、味付けも中華味と、オイスターソースなどを使って中華風にしてみました。結構おいしくできて、家族にも好評でした。
このページの料理は、酒の肴になる料理がたくさんあるので、これからも活用させていただきたいと思っています。
どうもありがとう!! 
☆毎日ビールを飲まないと一日が終わらない大阪在住の主婦より☆

投稿: romy0930 | 2004/12/09 22:50

こんばんは
うさうささん、下関ですか
魚が美味しい所ですよね
ブランデーは、火がついたら横から
フーっとふいて消すのです
ちょっと、恐いですが(笑)
豚肉のソテーは、子供にも喜られる料理です
たまには、真面目な料理も載せないと・・・です

投稿: かめきち | 2004/11/07 19:22

かめきちさん、こんにちわ!
またまた、美味しそうな豚ヒレのソテーですね。
野菜ソースたっぷりがまたたまりませんね。
ブランデーを使って、火がぼ~っていうの憧れますが、
怖くてできません(笑)
私は、関西ではなく、ふぐの本場下関です。

投稿: うさうさ | 2004/11/06 14:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/5275/1871423

この記事へのトラックバック一覧です: 豚ヒレのソテー野菜ソース:

« 切り干し大根とツナのサラダ | トップページ | 蓮根のきんぴら »