« 2004年4月 | トップページ | 2004年6月 »

仔牛のカツレツ ミラノ風

katuretu.JPG

イタリアの肉料理としては サルティンボッカ・ローマ風と並んだ 最も有名なメニューです

材料(4人分)
仔牛もも肉       500g(一切れ120g)
塩、胡椒        少々
小麦粉         適量
卵            2個
パン粉         適量
パルメザンチーズ   30g
オリーブ油       60cc
バター          30g

焦がしバター
バター          50g
塩             少々
レモン汁         30cc

付けあわせ    
クレソン、レモン、プチトマト 等 彩りよく

作り方
1.肉を ラップで挟んで 肉たたきで肉が 倍くらいの大きさになるまで叩いて 伸ばしていき、塩、胡椒で下味
2.伸ばした肉に小麦粉→とき卵→パン粉とチーズを混ぜたものを つけ バット(皿)にいれ包丁の背で1cm幅くらいの格子模様を つけます
3.深めのフライパンにオリーブオイル、バターをいれ 熱し カツレツの格子模様を付けたほうから焼きます
  そのとき フライパンを動かして くっつかないようにしてください
4.きれいな焼き色がつけば ひっくりかえして もう片方も焼きます
5.焼きあがったら ペーパータオル等にのせ 余分な油を切ります
6.ソース(焦がしバター)を作ります フライパンを熱し バター、塩、胡椒をいれバターの色が変わってきたら
  レモン汁を加え 先ほど焼き上げた カツレツにかけて 出来上がりです

ポイント
*パン粉は 細めパン粉を使ってください
*仔牛ではなく 牛でも作れますが やっぱり 仔牛の方が柔らかくてジューシーです
 一度、普通の肉で料理して 気にいれば仔牛で作って見るのもいいかもです
*カツレツを 焼く時 あまり 弱火ではなく そこそこの中火で焼きましょう

いつもの、カツレツとは 違う 美味しさです お勧めしま~す

    


| | コメント (0) | トラックバック (0)

子供の弁当

obento.JPG

昨日、子供が 遠足でしたので 弁当を 作りました
いつも、子供の弁当って難しいいなぁ と 思って作ってます
食べられるものが 限定されていますし 好き嫌いがありますし
栄養のバランス 考えたり 彩り考えたり 可愛くないとだめだし・・・・
幕の内弁当作るより 難しいかも???です
誰か、いいの 知ってたら 教えてくださーいm(__)m

P.S
昨日、初めて 一日のアクセスが100を 超え152でした
見てくださった皆さん ありがとうございましたm(__)m
よかったら コメントも 残していってもらえると うれしいです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スパゲッティーアマトリーチェ風

amatori.JPG

イタリア語でアマトリチャーナ(amatriciana) ローマから北東へ、少し離れた所の地名です
質のよい豚肉の産地として知られています
本来はローマ地方の生パスタ(トンナレッリ)を 使いますが 今回は乾燥パスタで作りました
ちょっと、本格的なパスタ料理です 味は保証付きです

材料(4人分)
スパゲッティ        360g
オリーブ油         100cc
鷹の爪           2~3個
パンチェッタ        80g 5ミリ角の棒状にカット(なければベーコンで代用ですが・・やっぱりパンチェッタです)
トマト缶(カット)      500g
ニンニク           1片 (そのままで)
玉葱             2個 (やや厚めの薄切り)
白ワイン(甘くない物)  150cc
プチトマト          100g (縦に4つ割り)
パセリのミジンきり     10g

作り方 
1.少し深めの フライパンにオリーブオイルを入れニンニク、鷹の爪を加え弱火でじっくり香りを出す
2.十分に香りがでたら ニンニク、鷹の爪を取り出し玉葱を炒めていく この時も弱火でじっくり炒めます
  玉葱の色が 狐色になるまで(結構、時間かかりますがここが 大事です 甘みがでますので)
3.玉葱が狐色になれば パンチェッタを加えます パンチェッタの脂身が透明になる程度まで炒めます
4.白ワインを入れ アルコール分を飛ばす
5.プチトマト、トマト缶を入れ 塩、胡椒で味付け 少し煮込みます(10分くらい)
6、パスタを 茹でます(少し芯が残る程度 ぞくに言うアルデンテ)
7、茹であがったパスタと 5を和えます このときも 弱火で
8、お皿にもり パセリをふりかけ 好みでチーズをふりかけても(私は仕上げにオリーブオイルをかけますが)

ポイント
・玉葱は 丁寧に焦がさないように弱火で炒めましょう この料理はこれで 味が決まるといっても いいすぎでは
ないほど 大事なポイントです
・パンチェッタとは豚ばら肉の塩付け乾燥品

絶対に 美味しいですから 作ってみてください

| | コメント (4) | トラックバック (0)

曲がってる???

jp_chenet.JPG

ちょっと、曲がってますね~
注ぎぐちのところが 最近、輸入されたばかり みたいです
面白いので 買ってしまいました(値段は800円程です)
おまけに付いてる キャップも 面白いです(写真右下)

味は スッキリしてて飲みやすいほうかな バランスがもう少しよかったらなぁっと 思ったかも・・・
でも、美味しいですよ 家庭料理には ピッタリでしょう

ワイン名 J.P.シェネ/カルベネ シラー (フランス)
輸入者  麒麟麦酒株式会社

| | コメント (0) | トラックバック (0)

もやしとピーマンのひき肉あん

moyasi.JPG

生姜とニンニク風味で 少しピリカラの肉あんで 野菜をたくさん 食べよう

材料
豚ミンチ      150g           酒        大匙1
ピーマン      2個             鶏ガラスープ 250cc
もやし        1袋            醤油      大匙1.5
ニンニク      1片             砂糖      大匙1
しょうが       1かけ           水溶き片栗  適量
豆板醤       小匙1           ごま油     小匙1

作り方 
1.ピーマンは縦半分に切り 横に細切り もやしは 洗って 水分をとっておく
2.にんにく、生姜はみじん切り
3.もやしとピーマンをサラダ油で炒めて皿にもる
4.鍋にサラダ油大匙1くらいいれ にんにく、生姜を香りがでるくらい弱火でいため
  豆板醤を加え少しいためて更に、豚ミンチを加えて色が変わるまで炒める
5.酒と鶏がらスープを入れ煮たったら あくをとり 酒、醤油、砂糖の順に入れ味付け
6.ひと煮たちしたら 水溶きかたくりで トロミをつけ 仕上げにごま油をいれ出来上がりです

応用
・子供さんがいてる所は豆板醤を入れずに 砂糖を少し多めに入れても美味しく食べれます
・6の段階でひと煮たちではなく 少し水分が減るまで煮詰めるとレタス包みなんかでも
 美味しくいただけますよ

結構、さっぱり味で 野菜がたくさん 食べれますよ~ 一度 お試しを~

| | コメント (8) | トラックバック (0)

MY 包丁

DSC00015.JPG
いつも、料理の時に使ってる 包丁です
藤次郎作です(知らないか・・・) 刃渡り21センチです
家庭でよく使われてる包丁は 刃渡り18センチですから ちょっと 長いです
プロの料理人は刃渡り24とか27センチとか使われてます
私も持っていますが家庭では扱いにくいですね (まな板の大きさとかで・・)
私は21cmサイズが一番使いやすいです
ビンビンに研いでますんで よく切れます(自信あります(^^))
嫁は 切れすぎて恐いといって 絶対に使いません
切れない包丁のほうが 恐いと思うんですが…(-。-) ボソッ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガラストップコンロ

DSC00012.JPG
引越しを機会に ガスコンロを 今、流行ってる??ガラストップのビルトインコンロにしました
上の写真です
良い点
*内炎式バーナーを選びましたが 火力は強いというか 炎もれがすくないので効率的です
*掃除が 楽です
*グリルも両面焼きで魚を焼くのも楽々です(以前も両面グリルでしたが進歩してます)

不満な点
*三口ですが 大きいフライパンなどを使うと狭いです(幅60cmではなく74cmにすれば良かったです)
*値段が 高いですね まだまだ (本体も高いですが 取り付け費が15000円くらいかかったです そんなんカタ   ログには 載ってないような??載ってても小さい字かも??)

以上です 取り付け費込みで120000円でした 買おうと思ってる人 スペースに余裕があれば74cm幅を買ったほうがいいと思います

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豚のしょうが焼き

DSC00008.JPG

このあいだ、なにげなく キューピー3分間クッキング見てました
案外、作ったら美味しかったので ご紹介します
材料
豚肉しょうが焼き用     300g
プチトマト           12個
春キャベツ           適量

生姜              一片
酒               大匙4
醤油              大匙4
砂糖              大匙1

作り方
1)豚肉に生姜すりおろし、酒、醤油、砂糖 各分量を漬け込んでおく
2)プチトマトは半分に切っておく
3)キャベツは短冊に切り塩をし しんなりさせておく
4)フライパンで漬け込んだ豚肉を焼き両面に焼き色がついたころ 漬け込みタレとプチトマトをいれ
 タレを煮詰めていく プチトマトが少し煮崩れかけたころが出来上がりです
 キャベツは添え野菜です
 
 以上で出来上がりです 簡単がいちばんですねキューピーさんありがとうm(__)m
 豚肉のかわりに 鶏肉でも美味しく出来ましたよ
 あっ そうそう 砂糖大匙1は私が付け加えました(子供がいるので少し甘めにしたいため)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2004年4月 | トップページ | 2004年6月 »