« 2004年1月 | トップページ | 2004年3月 »

CHABLIS

img1057698880.jpg

先日、久しぶりに シャブリを飲みました。大阪のレストランバーのような所で 誰と行ったのか・・内緒です(笑)  価格は4000円でした
今日、エチケット(ラベル)を思い出して値段調べました(せこい・・笑) えーっと定価は2200円くらいですね
と言う事は 仕入れ値は やめよう 考えるのは 外では飲めなくなる(笑)
でも大体どこでも 定価の2倍くらいの 値付けが 多いですね 実際の所
あっ 写真のワインでは ありませんので 今の話は 写真のは もっと高いでしょう

ちょっとだけ 詳しく説明 
シャブリ(SHABLIS) ワインを飲まない人でも 聞いた事がある人が多いかもしれません
ちょっと、ワイン置いているお店なら ほとんど置いてある 定番のようなものですから

シャブリは フランスのブルゴーニュ地方のシャブリ地区のワインなのです 地区の名前なのです
ブルゴーニュのワインは地区の名前、畑の名前をつけています 大体
ブルゴーニュ地方の最も北に位置し、辛口の白ワインの代名詞のようになってるのがシャブリです
当然、甘いシャブリはありません
一口にシャブリと言っても 例のごとくランクがあり シャブリ・グランクリュ、シャブリ・プルミエクリュ、シャブリ、プティシャブリの4つです。 グランクリュで5000円~15000円 プルミエクリュで3000円~7000円 シャブリで1000円~3000円の値段です。 グランクリュの中にも色々あり レ・ブランショ、レ・クロ、グルヌイユ、レ・フルシューム等畑の名前がついてます ややこしいですので これくらいで・・・
一口にシャブリといっても 色々種類があるので 飲んで美味しかったらラベルを私のように「うーん」て感じで覚えておきましょう デジカメで 撮っておいたほうが 確実ですね・・笑
色んな 料理に無難にあう ワインのひとつだと 思います 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

簡単??デミグラスソース

_219.JPG

材料(500~600ml)
ベーコン                          100g
玉葱                             1個
人参                             1/2本
セロリ                            1本 
赤ワイン                           200ml
デミグラスソース(缶詰 ハインツを私は使ってます) 600ml
ブイヨン(市販品)                      400ml
ケチャップ                          80ml 
ウスターソース(出来ればリーペリンソース)      50cc 
塩、胡椒                           適量
★ベーコン、玉葱、人参、セロリは小さくカットしておきましょう

作り方

1.深鍋にサラダ油を入れベーコンを炒めます 香りがでてきたら玉葱、人参、セロリを入れ茶色くなるまでよく炒めます(中火くらいです)
2.赤ワインを入れ弱火で半分くらいの量になるまで煮込みます
3.デミクラスソース、ブイヨンを入れ30分くらいトロミがつくまで煮込みます
4.シノワまたは裏ごし器で 濾します
5.ケチャップ、ウスターソースを入れ 塩、胡椒で味を整えて出来上がりです

★材料は少ないし特に難しい所はないです ただ 根気あるのみです ですから簡単??です
★リーペリンソースは百貨店などで売ってます ウスターソースのスパイシー版のようなものです
 色々なデミグラスソースの作り方があります 色々試しましたが最低限度の材料での作り方の紹介です
 一度、作られたら 色々な物を入れて オリジナルソースにしてください(ニンニク、ローリエ、オレガノ、タイムetc)
 ハンバーグなんかにかけたら 美味しいですよ~

| | コメント (16) | トラックバック (0)

子供にも人気のグラタン

guratan.JPG

材料(4人前)
ベシャメルソース用 小麦粉30g バター30g 牛乳500cc

海老(ブラックタイガー) 4尾
鶏肉            200g
ベーコン          4枚
マッシュルーム      6個
舞茸            一株
白ワイン(あれば)    60cc
ナツメグ          少々
塩、胡椒
ピザ用チーズ       60g
マカロニ      120~150g

作り方
ベシャメルソース
1.深めのステンレス鍋にバターを入れ火にかけ(弱火)溶けた頃に小麦粉を入れ ビーターでかき混ぜる
  (焦げ付きやすいので注意しながら)最初はルーが固めでですが ルーがプツプツとなってきてサラサラに
  なってきたら一度、火を止め 牛乳を入れまた火にかけ塩、胡椒を少々入れ 沸いてきたら O.Kです
2.フライパンで塩、胡椒をした鶏肉を炒め海老、ベーコン、きのこ類を炒めていきます。白ワインを入れアルコール分  を飛ばします これでO.Kです
3.鍋に2と 茹でたマカロニと 分量の2/3のベシャメルソース ナツメグ少々をいれ軽く煮込み塩、胡椒で味を整え  ます。
4.グラタン皿に薄くバターを塗り3を入れ、残りのベシャメルソースをかけます。チーズを散らしオーブン(200度)で   焼き色がつくまで 焼きます(無かったり面倒だったらオーブントースターで)

以上で出来上がりです 
優しい味で仕上がりますので子供なんかも喜んで食べてます
トッピングで ブロッコリーやグリーンアスパラなどもいいですよ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ワインってどうなん? NO.3

今回はフランスのボルドー地方のワインについて 私の知ってる事を書かせていただきます
そんな、専門的な話はできません 普段ワインを飲むときに 知ってたらいいかなくらいの事です

よく、フランスのボルドーっとか言います(言わないか)が ボルドー(Bordeaux)とは地方の名前の事です
日本でいえば市とか区のようなものです 大阪市とか千代田区みたいな場所です ですから結構広い場所をさします。 地方があって その次に地区があります(メッドク地区、グラーブ地区、ソーテルヌ地区等)
日本で言えば 市や町の後にくる住所名ですか・・

ブドウの品種
ボルドーのワインは赤が7 白が3くらいの 割合くらいで造られてます
赤ワインのブドウはカベルネ・ソーヴィニヨン、メルロ、カベルネ・フラン、マルベック種等
白ワインはソーヴィニヨン・ブラン、セミヨン、ミュスカデ種等
ボルドーワインは 上記のブドウ品種を単一では造らず数種類をブレンドして造ってます

AOC
AOCって何??ってなもんでしょうか(笑)
Appellation d`Origine controleeの頭をとって
AOC(原産地統制呼称ワイン)といいます。 ややこしい~ですが ようは フランスにはワイン法っていうのがありまして ワイン法の細かい規制をパスしたワインをいうのです
AOCワイン→VDQSワイン→ヴァンド・ペイのワイン→テーブルワインと続きます またまた ややこしいですね(笑)
だいたい、目安ですが日本で売っている500円くらいで売ってるワインはテーブルワインやヴァンド・ペイのワインが多いです。 1000円以上であれば だいたいAOCのワインが多いと思います・・・ きっと・・

メドック地区の格付け
またまた ややこしそうですが 日本酒でいう 昔は特級、一級、2級 今は特選とか 別選とかです。
なぜ メドック地区の格付けを 例にだすかというと 一番有名だからです
一級~五級までありまして 全部挙げると うーん 何種類になるのか とりあえず一級だけ
シャトー・マルゴー、シャトー・ムートン・ロートシルト、シャトー・ラフィット・ロートシルト、シャトー・ラツール
です。一個くらい聞いた名前があるんじゃないですか??
まぁ、どれも 値段は高いですから めったと 口には入りませんが(笑)
あっシャトーとは 意味的には 城なんですが ワインの世界では自社畑とワイン醸造所をもった館をいいます

色々 書きましたが 簡単に言うと ボルドーワインにはAOCってのがあって 一本1000円くらいから買えて
高いのはウン万円して一級には有名な名前のワインがあるくらいは 覚えていても損はないと思います
もっと、知りたい方は本を買って 知識を養ってください(笑)
私は、よく 世界の名酒辞典
を 観てます ちょっと高いですが・・
以上、ありがとうございましたm(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2004年1月 | トップページ | 2004年3月 »