« 2003年11月 | トップページ | 2004年1月 »

シャンパン・・・

moet_chandon.JPG

昨日、飲みました 最近はきちんと 表示されるようになってきましたが
昔はスパーリングワインの事を 何でもかんでも シャンパンっていってたころが
ありました シャンパンは フランスのシャンパーニュ地方でシャンパーニュ方式で
作られたスパーリングワインを シャンパーンといいます
値段は安いものでも2000円くらいはします
高いので勇名なのはバブル時代に驚愕の値段がついてた ドンペリニヨン(ドンペリ)です
当時は一本安いものでも2万くらいしてたかなぁ・・
今は、7980円くらいで販売してますね それでもいい値段ですね
シャンパンが高いなぁと思われる方はスペインのカバっていうスパーリングをお勧めします
きちんと 瓶内発酵方式で作られているので 味もいいですよ
ちなみに 昨日のんだのは モエ・エ・シャンドン ブリュット インペリアルです
フランスのシャンパンです スタンダード的なものです
値段は2500円でした 結構 好きです 一度 機会があったら 飲んでみてください(ウエブログ観た人)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリスマスケーキ

christmas.JPG
先日(23日)に ひとあし早く クリスマスケーキを作りました
作り方は ご存知の人が多いでしょうから 省略
特に 変わった ことはしていません(謎) 
いつも、生地だけ焼くのに切磋琢磨しています 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワインって どうなん?NO.1

ワインって 美味しい?って よく 聞かれます  答えは いつも「美味しいよ」って言います
まっ好きなんで そう答えるのですが・・・
私は、食事とお酒って思っているんで 食事にワインもありって 思ってます                        日本酒、焼酎、ビールも 当然 O.Kです
私が ワイン飲み始めた頃は ワインはおしゃれとか値段が高い 渋い すっぱい 甘いとか 
よく言われました ソムリエさんとかが 有名になり始めたのもその頃だったと思います
その頃はワインといえばフランス ドイツ イタリア スペイン くらいが 有名でしたが
今は、チリ カルフォルニア オーストラリア アフリカ オーストリア etc
ずいぶん、増えたものです 選ぶのに困ってしまいますよね
私も なにがなんだか わからないときが よくあります
ワイン選びは 永遠のテーマです(^^ゞ
話は戻りますが ワインは基本的には食中酒(食事と一緒に飲む)と思ってます
食後に チーズを食べながら片手にワイングラスなんかも いいかもしれませんが
トンカツ食べながら普通のコップにワインを入れて飲むのもいいですし日本人向けだと思います
型にはまらないで いろんな場面で飲めばいいんだと 思うのですが・・・
どうも、なかなかそうはいかないので ワインは食卓に並ばないのしょうか??
「家庭料理に ワインを!!!」を 掲げて これからも たわいもない事を書いていきます
次回は これからワインを飲もうと思ってる人の簡単なワインの選び方について書きたいと思ってます
本当に 簡単ですのであしからず・・・・ 
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

炎の麻婆豆腐

mabo_touhu.JPG

外で食べる 麻婆豆腐は どうも甘みが強く感じられるんです
そこで、甘さがない ひたすら辛い 辛いもの好きの人の為の麻婆豆腐です
豆板醤の量で辛味は調節できるんで 好みの辛さで一度どうぞ

材料(4人前)     
豆腐(木綿)   2丁 (2cmくらいのさいころ切り)
豚ミンチ肉    150グラム
トウチー      大さじ1   (大豆を発酵させて干したもの しょっぱい)
しょうが      少々     (みじん切り)
にんにく     少々     (みじん切り)
豆板醤      大さじ1~2 (ソラマメを原料とする中国の塩辛い味噌)
中華スープ    300cc   (市販の中華スープの素 私はユウキ食品のを使ってます)
ネギ        適量     (きざみ葱)
酒         30cc    (日本酒)
醤油        30cc    (濃い口)
たまり醤油    小さじ1   (刺身用の醤油 こくがでます)
砂糖       小さじ1
塩         少々
酢         小さじ1   (味をまとめます)
ごま油      大さじ1   (香りがよくなります)
水溶き片栗   適量

作り方

(1)中華鍋(普通のフライパンでもいいです)にサラダ油を大さじ1いれ低温からミンチ肉をほぐすように炒める
   炒めてる時の水分が透明になるくらいまでなればO.Kです

(2)(1)に豆板醤をいれ炒め、生姜とニンニクをいれ さらに炒めます ニンニクの香りを十分に だします

(3)酒大さじ2 醤油大さじ2をいれアルコール分を、とばした後 スープ300cc たまり醤油小さじ1
   塩少々、砂糖小さじ1、豆腐を入れ少し煮込みます(1~2分くらいかなぁ)

(4)水溶き片栗でとろみをつけます(少しずついれてとろみを調節しよう)

(5)仕上げに葱、酢小さじ1、ごま油大さじ1をいれて完成です

ワンポイント

★水溶き片栗を入れた時 しっかり火をとおしましょう

★仕上げにごま油を入れたら即 鍋をひからはずし お皿に盛ろう そして そく熱々を食べよう

★火力は豚ミンチの時以外は強火です(ガスコンロの火力調節80%くらい)

★中華料理は調理スピードが速いので 作るとき材料は使う順番にわけておくといいと思います
  当たり前のことでした(笑)


以上で終わりです よかったら 挑戦してみてください 結構 おいしいかも??
実は昨晩作りました(笑) 
質問や もし作られたら感想など コメントよかったら お願いします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ソムリエナイフ

       ワインを空けるための道具です        
       色々、使いましたがこれが 一番です
       慣れればですが・・

        somurie1.JPG
somurie2.JPG
   
 私が持ってるナイフで値段が一番高い↑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

料理

私は、よく 料理本やネットでレシピを観て作ります
皆さん、よく思いませんか?レシピどおりに作っても
「うーん、これってちゃんとできてる?」とか「テレビで言ってるほどでは
ないなぁ」とか 確かに それほど美味しく料理もよくありますよね
けど、火加減とか調味料の入れるタイミングとかで 味って結構変わるんですよね
塩少々とかバター適量とか 弱火 中火 強火 なんか 結構あいまいな
言い方って多いですよね 
こういうことを、ちゃんとわかってないと、 結構味って変わるような気がするのです
私も、いまだにわからないことが たくさんありますが、今までの失敗をもとに
養ったことを これから 書いていこうと思ってます

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ワイン

barolo.JPG

先日、私が 真剣にワインが好きになって初めて飲んだワインを
久しぶりに飲みました
イタリアのバローロというワインです
結構、重たい(渋い)ワインです
10年ぶりに 飲みました 美味しかったぁ
でも、値段も高くなってました(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はじめに

以前から お酒と料理のホームページを 作りたいと思ってましたが
なかなか 思いっきりがつかなかったのですが 今年も あと残りわずか
頑張って ホームページ作りに挑戦しようと 思い 重い筆(いや指)を動かしました
自分の 今まで飲んだお酒や 料理の ことについて 書きたいと思ってます
お酒は、ワインが主になりそうですが 日本酒や焼酎・カクテルなんかも書けるかなぁ??
食べて飲むことが好きですか、自分でも作りますのでレシピの紹介などもしていきたいです
あくまでも 家庭料理ですが(笑)
皆さんも 興味あれば挑戦してみてください(簡単なものばかりですが)
結構 美味しく できるかも???

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2003年11月 | トップページ | 2004年1月 »